ニュース

保育方針

おいしい手作り給食・おやつ

乳幼児の身体の基礎を作る食事を大切に考え、離乳食を進めています。
咀嚼のメカニズムを学び、噛む力を育て、食に対する意欲と力をつけていきます。

咀嚼力を育て、楽しく食べられる子供に育てましょう。
5~6ヶ月頃、体重7kgを目安に個々の発達や健康状態に応じて離乳を開始します。
7~8ヶ月頃より2回食、9~10ヶ月頃より3回食へとアレルギーに注意しながら徐々に食品の幅を広げ、1歳3ヶ月頃の完了を目指します。

毎月献立表を作成します。
午前食・午後食・補食ともに調理師による手づくりの給食です。
食品は安全性を第一に考え、主に生協での共同購入を利用し、
国産でできるだけ無農薬に近い食材や添加物のない物を使用します。
素材の味を引き出すよう薄味に仕上げ、だしも化学調味料は使わず、
干し椎茸とだし昆布、1歳より鰹節を使用します。
胚芽米を使用します。
食後は麦茶や白湯を飲ませ、口内を清潔にし、虫歯の予防を図ります。
必要に応じて医師の診断を仰ぎつつ、アレルギー除去食を進めます。
食に関する学習会に積極的に参加します。

食イメージ 食イメージ